シンチャオ!         

初めて投稿させて頂きます。Jimmyと申します。

今回は、海外インターンや留学を検討している人に向け、両方を経験した私なりに比較分析をしてみようと思います。

私は10ヶ月間オーストラリアの大学に留学した後、現在こちらのグミベトナムさんでお世話になっております。まだインターンを初めて期間が短いのですが、海外留学、海外インターンの順番に、2点ずつ良いところをあげていこうと思います。

 

1.海外留学の良さ

 

・友達が沢山出来る

(ルームメイトでジンバブエ人のHenryと、オーストラリア人のMolly。Henryはよく人の牛乳を勝手に飲んで問題を引き起こしていました笑

 

理由は、ズバリ圧倒的に外国人と交流出来る時間が多いからです。

自分が留学したオーストラリアは、世界一の多民族国家と言われています。

なので、日本ではなかなか会えない人と接する事が出来ます。例えば、私は大学寮で、ジンバブエ人、パキスタン人、マレーシア人、サモア人と、二人のオーストラリア人の6人と生活していました。

このように、異文化圏の人と生活出来た事は、本当に貴重な経験でした。

留学生活では単に勉強するだけでなく、外国人と関わる事でより多くの事を学ぶ事が出来ると思います。

 

・日本と違うアカデミックな学びが出来る

(1学期目の語学授業の卒業式。年齢も国籍も超えて一緒に努力してきました。最高の思い出です。

 

理由は、大学の授業体系が大きく異なるからです。現在、日本の大学の多くの授業が講義形式で行われているかと思います。

しかし、僕の留学したオーストラリアの大学は大きく異なりました。大学の授業は大きく、レクチャー、ワークショップから構成されています。

レクチャーでは概念的な知識をインプットし、ワークショップでは少人数グループでディスカッションやプレゼンなどを通して、実践的にアウトプットします。

さらに、難しい授業には、チュートリアルと呼ばれる事前補修講義の様なものが用意されたりと、手厚い支援があります。

それ故に、学生達がより主体的に勉強に取り組め、密度の高い学習生活を過ごす事が出来ています。

 

<結論>

海外留学は、日本の学生生活と大きく異なります。大学生活から、プライベートまで全てが異なるので、自分次第で無限に学習する事が出来ます。

自分のアカデミックな知識を増やしたい人だけでなく、「世の中をもっと知りたい」、「海外での生活を体感したい」など、自分の見聞を広げてたい人にはオススメです。

 

2.海外インターンの良さ

 

 ・戦力として数えられる

社内では、当然日本人はマイノリティーになります。だからこそ、日本人にしか出来ない仕事も回ってきます。

このように、日本語のネイティブである事が逆に自分の強みになる瞬間が数多くあります。日本人ならではのチャンスが多いのも、海外インターンの良さだと思います。

 

・日本とは違う環境で働ける

(毎朝の光景。大大大混雑の中を原付で出勤しています。異文化を体感する瞬間です笑

 

ベトナムで働く事は、日本で働く事と全く異なります。毎朝大混雑の中、必死で会社を目指します笑。社内ではベトナム語が飛び交い、意思疎通で苦労する事も多々あります。このように、上手くいかない事ばかりです。けれどもそんな状況でも、前向きに、やれる事をやる事で成長出来ると信じています。

 

<結論>

海外インターン生は、外国人から見たら、言わば助っ人です。それ故に、難しい要求をされる事はありますが、着実に成長する事が出来ます。将来のキャリアに向けて、または社会人としてスキルアップしたい人にはオススメです。

 

まとめ

 

海外留学にも、海外インターンにも異なる良さがあります。しかし、どちらにも言える事は、簡単じゃないという事です。日本文化では全く考えられない事が日々起こります。その時、自分の固定概念に囚われず、多文化を受け入れる事で、自分の視野が広がると思います。

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

ヘンガップライ!

 

 

Contact Us

お問合せはこちらから

ラボ型開発・オフショア開発・HTML5コーディング・スマホアプリ・グミに対する質問などお気軽にご連絡ください。

Contact Us