実は広報もやってますTaishiです。

今回のブログは先日開発したコンテンツの紹介となります。
その気になるコンテンツの名は。。

 

Commu-Sign

 

これだけだとサッパリ何のことやらなので、
簡単に説明すると

顔認識AIにより“ターゲットだけ”に話しかけて、顔ハメ動画を自動生成!
ユーザーを「待つ」のではなく「しかける」サイネージ

コミュニケーションできるサイネージ → Communication Signage
ということで「Commu-Sign」です。

それでもよく分からないと思うので、デモ動画があるのでこちらを御覧ください。

コンテンツの流れをおさらいすると

[ユーザーがカメラの前に立つ]
     ↓
[顔認識AIにより男女の識別]
     ↓
[認識された性別により異なる動画を再生]
     ↓
[動画内で写真撮影]
     ↓
[年齢認識AIで年齢を測定]
     ↓
[質問の結果により異なる演出]
     ↓
[顔ハメ合成映像の再生]
     ↓
[QR写真ダウンロード]

 

サイネージ広告としての3つの利点

1.Customize・・・男女でコンテンツの出し分けが可能
 顔認識AIでの性別を判定し、ターゲットの属性に応じたコンテンツを提供。
 男性版)洗顔フォームのPRコンテンツ
 女性版)日焼け止めのPRコンテンツ

2.Impact・・・ユーザーの顔を使い、広告動画を作成
  サイネージに取り付けられたカメラで、ユーザーの顔を撮影。
  動画の中に人物に顔ハメし、パーソナライズド広告動画をリアルタイム生成。
  インパクトに残るプロモーションができる。

3.Marketing・・・データ収集が可能
 コンテンツ内で、美容に関するアンケートを対話型で実施。
 そのデータはマーケテイングデータとして活用できる。

 

ざっとこんな事ですかね。

今回は男女識別AIを利用しましたが、 例えば表情識別のAIを使用すれば「笑顔」のときにコンテンツを再生したりもできますね。 利用用途は多くありそうです。

 

最後にベトナム社内完成発表会の様子を載せておきます。

顔ハメ時のインパクトは絶大でした!!

Contact Us

お問合せはこちらから

ラボ型開発・オフショア開発・HTML5コーディング・スマホアプリ・グミに対する質問などお気軽にご連絡ください。

Contact Us

Follow me

Sodeno Taishi

壮絶な覚悟とともに新卒現地採用でベトナムに渡る。
こちらの生活には十分に慣れたが、先日の日本一時帰国で色々と失っているものに気づく。ショック。
再び気を引き締めて日々奮闘中!!
Sodeno Taishi
Follow me