【ベトナム語という語学界の「フリーザー」に僕が死ぬ気で食らいつくわけ①】

皆さん、こんにちわ。
新米ぺーぺ記者のゆーきです。

きっとみなさん、一度は耳にしたことあるこのセリフ。

私の戦闘力は「53万です」。。。

そうドラゴンボールのフリーザのセリフです。

小学校でライバルと喧嘩するとき、自分の戦闘能力を示すのに僕も「53万」というフレーズは鉄板で使っていました。(笑)

そんなくだらない内容から始まったこのブログですが、今回!!!かなり気合入れて書きました。(笑)

→なおぴーというブログマスターの指導を直々に受けたからです。(なおぴーの記事)

そんな53万の戦闘能力を持っている語学界の「フリーザ」と僕は今まさに戦っていいます!!(笑)

 

今回は、以前の記事で書きたい!!と言っていた
『なぜ語学界のフリーザ―、「ベトナム語」を学んでいるのか?』という内容について記したいと思います!!

ただ、文章を書いている最中に思った以上に長く、これは読者のみなさんの目障りになりかねると思い、

➀と急遽付けました。(笑)

➀ということは②があるということですね。楽しみですね。(しーん)

 

さて、以前の記事を参照していただければわかると思いますが、今回が初めてみてくださった方のために、ゆーき記者の情報を、

⑴人文社会科学大学ホーチミン校に通っている(8時~12時)

⑵ホーチミンのIT企業でインターンシップをしている(前のブログ見てね!)

⑶自分の活動として「日本」のプレゼンスを高める活動をしている

ですね。

この記事はまさに⑵の「ベトナム語」(語学)についてです!!

➀なので、ベトナム語というより語学のお話しをしようと思います。

ベトナム語に限らず、新しく語学を学ぶ人に見てもらい、

勇気つけることが出来たらうれし~でござんす!!

目次でございます!!

⑴おいおい、今さら語学?時代遅れじゃね?
⑵世の流れ
⑶語学をなめるな!倍返し!
⑷まとめ

4c09ae6e53a560db32c92d510dd946ac_s

 

⑴おいおい、今さら語学?時代遅れじゃね?

 

あ

 

 

これは、僕が日本を飛び立つ際、つまり、留学に行く際にある経営者の方に言われた言葉です。
その人がどういうつもりで言ったかはわかりません。
適当に言ったのか?
口が滑ったのか?
はたもや、僕を本当に心配して言ったのか?

その言葉にこんなに悩まされるとはまだこの時は、この時は、思っていませんでした。。。。(次回②)

その人がそのように言った理由はこうです。

IT(Google)の発展により今後、人が直接話さなくてもロボットが英語や他の言語が自分の代わりに通訳してくれる。
通訳も必要ないし、スムーズに事業が進む。通訳のお金をもかからない!!めちゃめちゃハッピー!!
言語という多大なる時間がかかるものに時間とお金をかけるくらいならプログラミングでも勉強しろ!時間は有限だ。という理由でした。

なるほど。筋は、筋は、、とっている気がします!!

調べたところ、そういう説を唱える人は少なからずいるそうです。

(以下参照)

英語は学ぶ必要が無い仮説

語学を学ぶ必要がないという記事リンクです。

 

通訳ロボットが開発され、実際に高度な英語や多言語を自在び操る「スーパー・ぺラオ」が完成しました。

今後この勢いが止まらいでしょう。
お金を持っていて、語学がイマイチな経営者は満足げに、これを買いだすでしょう。(うらやましい~)

「通訳者・翻訳者」という職業は近い将来、間違いなく危ういですよね。。。(とってもかっこいいけど。。。)

これは僕もそう思います。

 

少し脱線しますが、僕が勉強しているUSSH(人文社会科学大学ホーチミン校)には日本語を勉強している多くのベトナム人がいます。

その理由の多くは、ベトナム政府や日系企業の「通訳者・翻訳者」になりたいから。
しかし、残念ながら彼らが日本語を上達したころには、、、ぺラオロボットに代替されている可能性が高いです。(もちろん、通訳者以外の道、そして付加価値を付けることが出来れば有効かも!!)

そして、「語学」は本当に時間がかかる。覚えても忘れる。使わないと分からなくなる。
言うなれば「やっかいなもの」です。
語学取得平均、「4年」とも言えわれている語学の世界。。。
下手に足を突っ込むと時代の流れにおいてかれ、浦島太郎の玉手箱の世界に。なんてことも。。。

僕の周りの学生も英語は学ぶが、第二か国語はまっさら。理由は上記と同じ。時代のながれだから。

おいおいゆーき記者!だったらなんであんたは「ベトナム語」を学んでいるのか?
そう急ぐ出ない。

それは⑶の語学をなめるな!倍返し!でお話ししますね!!

 

⑵時代の流れ

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

 

 

語学の世界から見る「時代の流れ」を見てみよう。

自動翻訳は現状ですでに、驚くほどその正確さ、自然な訳は実現されつつあることは周知のとおりだ。

デバイスもスマホアプリやイヤホン型などだけではなく、ただスピーカーに向かって話せばいいという段階にまできている。
まさにドラえもんの

「翻訳コンニャク」

aaa

時代という学者もいるくらいです。
また、「語学」の重要性が薄れているのも事実です。
ひと昔までは、英語が喋れればくいっぱくれはなく、ある程度地位の高い職に就く事ができました。ましてや中国語。
喋れるだけで、ひっぱりだこ状態でした。
年収も高く、いわゆる成功者の道がそこにはありました。
しかし、今ではどうでしょうか?
英語を喋れる人なんて掃いて捨てるほどいる。就活などで、私(僕)英語が話せます、中国語が話せます!。。。で??(苦笑い)

逆に語学?いらないんじゃね?差別化できないし。。。。
こんな状態。

語学+何かを求められる時代なのですね。

ここで重要な事は、語学+「自分だけの何か」という事ですよね。

(この何かを見つけるのに今、みんなが必死になっています)
語学だけでも駄目だし、語学がなくてももっとダメ。人生の基本の「き」はモチベーションで、「も」」は「語学」です。
(語学がなくても成功する経営者はたくさんいる!だから語学が出来ないから海外に行かないのは×!でもそれは+アルファの部分で秀でているから)

⑶語学をなめるな!倍返し!

6c9b7db12e09270f4eb29765a13ce681_s

 

もし、あなたが海外でビジネスをするならば、語学は確実に重要でっせ。ということをお伝えしたい。

僕が愛してやまない本の一つ「2022-これから10年活躍できる人の条件」という本のなかで、このような一説があります。(超有名)

実際問題、キミがやるべきことは三つ。この三つは世の中がどんなになろうとも、必ず宝にかわる。

だから、つべこべ言わずやれ。

まずは海外留学。まずは英語、そして中国語。

(省略)

英語は日本人には必要ない、という極論もあるが、それは信じちゃいけない。

経済が伸びている間は、日本人というだけで相手にしてくれてたから、日本語だけでもごまかせた。

しかし、日本の相対的地位は、今後ますます落ちていく。

そんな状況になっても「英語はいらない」というのは、傲慢な醜い日本人だけだ

 

まさにこの本通りだと思います。僕の場合、中国語は話せません。(笑)

でも、でも、、、僕なりに人生を俯瞰して、己の頭で考え末に、中国語ではなく、「ベトナム語」の方が僕の人生にとってはアドバンテージになると思って学んでいます!(中国語 is easier than ベトナム語)

 

先ほどにも申したように、語学がまったくできない人がグロバールで成功している姿を見た事はないんです。(多少喋れれば◎)

それは、端的に言えば、ビジネスとは、突き詰めるとどんな業種、業界でも「人」と「人」で出来ているから。
言い換えれば、「信頼」「想い」「ビジョン」など人間臭い、血の通ったもの、がビジネスでは絶対的に必要だからである。
もちろん、その人間と人間との中間にロボットが入ることは想定できる。

しかし!!だ!!

最終的に決断を下すのは「人」である。

その人(決定者)と肉声で話、信頼し、団結する。それがビジネスというものだ。(ビジネスとは、信頼の売買である。)

– yuuki tayama(1994-?)

そんな人間臭いビジネスに、語学だけできるポンコツぺラオロボットに任せる事が出来るだろうか?(いやできない!)

僕たちの祖先様たちがが進化を重ねてきて、つちかった『人が話す「言葉」』が、そして人間対人間で成り立っているビジネスにおいては、圧倒的な勝者なのです。

 

⑷まとめ

最後に、なんだか気合い入れて書いたものの、やっぱり「ブログって難しい」て思いました。。。

「想い」を文章で伝える文章の難しさというのをこれを書きながら、考えました。

支離滅裂でごめんなさい。。。

温かく見守って頂けると嬉しいです!
でも、僕が言いたかったことは、

「語学を学ぶことは身も心も豊かにする」ということです。

自分にとって「語学」は必要か、必要ないか?それをまず自分の頭で考えて行動しましょう!!

僕も新しい言語を学んでいる1人です。一緒にその「楽しさ」「つらさ」「「大変さ」を共有できたら大変、うれしいでっせ!

5c9a6cb2f54ba516683d6dc90b922723_s

次回は、【ベトナム語という語学界の「フリーザー」に僕が死ぬ気で食らいつくわけ②】で、僕のケースで記そうと思います。

ばいなら!ドロン!!??

 

ブログ最新

We are providing high skilled and quality web based and open sourced system development service at our Vietnamese offshore centre.
At the same centre, there are also various services for software/system maintenance, software product development and web

ベトナム建国記念日による休業日のお知らせ 75年目のベトナム8月革命記念日、および1945年9月2日~2020年9月2日までのベトナム建国記念日を歓迎する雰囲気においては、 グミベトナムが皆様とご家族のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 ベトナムの祝日による休業日(建国記念日)について、 以下のとおりご案内させて頂きます。 *休業日: 2020年09月02日(水) *営業再開日: 2020年09月03日(木) **休業中の間においては、弊社の営業活動やサービス提供は休止となります。営業再開日は09月03日(木)です。お問い合わせは以下の連絡先までお願いいたします。 1.  Hotline: 028-3930-2407 2.  Email: contact@gumiviet.com 3.  Facebook: https://www.facebook.com/gumivn 以上、お客様にご安心いただくために、お知らせいたしました。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

シンチャオ!グミベトナム代表の原田です。 こちらのスタッフの間でも流行ってるiPhoneアプリ(RoadMovies)でスタッフ紹介動画をいくつか作りました。さらっとご覧いただくには、ちょうどいい感じの視聴時間だと思います。 グミベトナムの雰囲気を少しでも感じて頂ければとうれしいです。(各視聴時間27秒/Generated by RoadMovies) ●スタッフ紹介動画 グミベトナムのスタッフの紹介動画を話題のロードムービーを使って撮影しました。[youtube id=”Dzkg_6I3ZRk” width=”350″ height=”200″] ●日本語レッスン(初級クラス)の様子 社内の日本語レッスン(初級クラス)の様子を撮影しました。このクラスは日本語でのコミュニケーションの楽しさを感じてもらうことを目的としています。先生は日本からインターンで来てる外語大ベトナム語学科の学生です。日本の女子大生が講師なのでみんなのテンションも高めです(笑)[youtube id=”oWIpkLs6xaA” width=”350″ height=”200″] ●PROJECTの打ち上げ風景 比較的大きなプロジェクトが無事終了したので、会社近くのヤギのおっぱい焼きで有名な焼肉屋で打ち上げで­す。皆んながなんだか嬉しそうに食べているのは、孵化直前のうずらのゆで卵『ホビロン (hột vịt lộn)』とご存知生春巻きです。 [youtube id=”5GSbyBfhmZQ” width=”350″ height=”200″][youtube id=”09PL7f7sYJA” width=”350″ height=”200″] ベトナム人気質として真面目な人が多いのですが、当社のスタッフは真面目なだけでなく面白いキャラクター揃いです。機会があれば是非お仕事を一緒にできたらと思います。   ※関連ページはこちら→スタッフ紹介

日本企業がオフショア開発先を考えるときに、まず、中国、インド、フィリピン、ベトナムの4 カ国が選択肢になると思います。 オフショア開発では中国が先んじていたというところがあり現在でも一日の長があることは否定できません。しかし、2009年には、ベトナムがインドを抜き、オフショア開発国の第2位となっており現在も中国との差を縮めてきてます。私自身もベトナムで暮らしていると、ベトナムがかなりのスピードで追い上げてきていると日々感じています。 オフショア先にチャイナ+1とも言われている『ベトナム』を選ぶ理由を3つにまとめてみました。 今後、オフショア開発を検討する際に、効率的な結論に行き着く一助になれば幸いです。 (1)メリットの出やすい価格競争力 まず価格競争を考えたときに、オフショア開発で一般的な中国の場合にはコストが値上がりしてきているというようなことがあります。比べてみたときには、上級のSE層を雇ったところでまだ半分くらいのコストで済むのです。この差は大きく出来具合に影響してくるものなのです。同じレベルのSEを使うとしたらばいのコストがかかるということになり、工数で割っていったらさらに増えていくというような状況になるからです。 ベトナムの場合には、優秀な層がコンピューター関連の仕事についてくるというようなことも選ぶべき理由として挙げられます。上位層からの人気の職業を出すと必ずトップを争う形でそうしたコンピューターやSE関連の仕事が出てくるというようになっているのです。進学率などを考えると人数としてはまだ少ない部分がありますが、上澄みの層の人材がたくさんいるというような現状はベトナムでオフショア開発を検討してみる十分な理由となるはずです。   (2)勤勉で穏やかなベトナムの国民性 勤勉で穏やかな人柄の人が多いというようなこともあります。以前私は中国とのオフショアを少し経験したこともありますので、どうしても中国と比較をすることが常になってしまいますが、中国でのマネージメントは、対日感情などがどうなっているのかというような仕事と関係ない部分について気を払っておかなければならないという問題があります。 ベトナムの場合にはそうしたことは一切なく、日本との関係性においても良好な状態を維持し続けているため、国際的な政治問題についての考察やそれに対しての保険というような対策を取っていくことが必要ないというのは安全面だけではなく、コスト面から考えても大きな選ぶべき理由として考えていくことができるものです。 (3)英語能力の高さ 先日アジアの学生が集まるミーティングがホーチミンで開かれ私も参加してきました。 メコンデルタを中心としたアジア全域のことを考えるアクティビティを含めたミーティングだったのですが、集まった学生は参加者は私を含めた外国人が4分の1程いることを考慮して、ベトナム人同士であっても皆んな英語でのやりとり行なっていました。 ベトナムの学生の英語コミュニケーション能力の高さです。もちろん業務においても同じで、私も社内のコミュニケーションは基本的に英語です。プログラムのないのコメントは全て英語で記述されることも地味ですが、大きなポイントだと思っています。 また、今後の海外に進出する際にも、日本国内のスタッフが英語での業務を行う経験として将来にも確実に役立つことは間違いないでしょう。 まとめていくと、コストが安く、日本に対して親しみを持っている人が多い上に、勤勉な層の人たちが実際の取引をする対象となり英語でコミュニケーションができるというようなことになります。これを踏まえたうえで、中国はじめインドやフィリピンなどの現状や今後との比較をしていくとなると、あらためてメリットが目についてきているのが最近の私です。   もちろんオフショア開発において文化的な障害などが出る場合もありますし、海外での開発においての苦労などはたくさん出てきますので、問題が何もないわけではないですが、前述のオフショア開発にベトナムを選ぶべき3つの理由については取引先を検討する場面で一考に値する項目ということで書きました。 ベトナムオフショアの問題点については、あらためて後日書かせていただきます。