ベトナム進出企業とベトナム人気質(インタビュー動画あり)

1200社以上の日本企業がベトナムへ進出

Xin chao cac ban, toi ten la Akiko.

ベトナム進出を果たしている日系企業は1200社(2012年時点)だそうです。
10年前は400に届かないくらいの数だったものが、今や3倍の1200。
これで落ち着いた訳ではなく、まだまだ序章だと言わんばかりに日本企業設立の申請、相談が後を絶ちません。
東南アジア諸国においてベトナムは、タイに続く日系企業の数を誇ります。

なぜベトナムへの進出が増えているのでしょうか。
考えられる理由は、大きく分けて2つあります。

・急速な経済成長
1986年から施行されたドイモイ制作。現在のベトナム経済の基礎を築いた政策です。
社会主義による計画経済から市場経済に変わり、自由な経営、一部の財産を認められるようになりました。
どれだけ働いても同じだった給料が、働いたら働いた分だけ貰えるようになったのです。
働いたら貰えるお金が増えるんですから、それはそれは一生懸命働いたんでしょうね。
このような影響もあり、市場経済にかわってからのベトナム経済の成長は急激に加速していきます。
それは数字にも如実に表れています。

ベトナムGDP推移
実質GDPの推移 - 世界経済のネタ帳

ここ数年の話ですが、ベトナム政府が経済に対するこれといった対策を行わないこともありました。
面倒くさかったのか忘れていたのか小さすぎてわからなかったのか分かりませんが、
常に政策政策政策と意気んでいる日本では考えられません。
そんな状況であっても、その年の経済は衰退することも無く、むしろ少し上向いたそうです。
「何もしなくても成長していける力、勢いを持っている」
何もしないというのは乱暴な言い方ですが、ベトナム、すごいと思います。

・日本人と親和性の高いベトナム人の国民性

市場経済に変わってからまだ27年。
全くの社会主義だった国がたった27年で経済をここまで大きく成長させた要因として、ベトナム人の国民性が大きく関係しているのではないでしょうか。

ベトナム人の性格は、「勤勉」や「真面目」などという言葉で表現されることが多いですが、
ベトナム人スタッフの一生懸命さには本当に驚かされます。
その一生懸命な姿と重なって、新しいものを吸収しようという強い「向上心」が見えます。
自分を高めようとする意欲が、とても印象的です。

一例ですが、大学の自習スペースは、朝7時には席の大半が埋まり、語学やPC等の会社員のためのアフタースクールを利用する人の多さ、、、
これらは特別珍しいことではなく、当たり前らしいです。びっくり。
現状に満足せず成長しようとする姿勢は発展途上ならでは。いつまでもこういう姿勢を持ち続けていたいものですね。

そして何より、みんな若い。
日本の平均年齢が44.7歳に比べ、ベトナムは27.4歳。
人口の60%が30歳未満。

向上心たっぷりの若者がたっぷりです。ベトナムの可能性に各国の企業が胸膨らませるのも必然に思えます。

以上のことは、日本のみならず、各国がベトナム進出する理由のいくつかだと思います。
しかし日系企業のみが得るベトナム進出のメリットがあります。
それは「親日家ベトナム」というものです。

日本に対するイメージは、非常に良いです。
タクシーのおじさんも、屋台のおばちゃんも、お店のおねえさんも、そこらでたむろってるお兄ちゃんも、
「・・・あなたは韓国人?中国人?」
「ううん〜。日本人だよー。」
「おお!日本人!?日本人!?日本いいよね!ホンダ!ヤマハ!AJINOMOTO!」
テンション急上昇です。

それぞれが知っている日系企業の名前を、笑顔でとても嬉しそうに言ってくれます。
AJINOMOTOやホンダ、ヤマハ、トヨタ、ソニー等々。
日本の企業、製品は愛されてるなあ。と、実感する機会がここには多くあります。

日系企業だけでなく、日本人、日本食、日本の文化など、日本の様々な部分に好意や興味関心を持っている人が非常に多いです。

グミのスタッフがホーチミンの街角でベトナムの若者にインタビューしてみました。

そこで実際の街の声をインタビューしてきました。インタビュアーは、グミベトナムスタッフのMyさんです。

日系企業のベトナム進出を後押しするのは、この「親日国家ベトナム」という点ではないでしょうか。

ブログ最新

We are providing high skilled and quality web based and open sourced system development service at our Vietnamese offshore centre.
At the same centre, there are also various services for software/system maintenance, software product development and web

ベトナム建国記念日による休業日のお知らせ 75年目のベトナム8月革命記念日、および1945年9月2日~2020年9月2日までのベトナム建国記念日を歓迎する雰囲気においては、 グミベトナムが皆様とご家族のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 ベトナムの祝日による休業日(建国記念日)について、 以下のとおりご案内させて頂きます。 *休業日: 2020年09月02日(水) *営業再開日: 2020年09月03日(木) **休業中の間においては、弊社の営業活動やサービス提供は休止となります。営業再開日は09月03日(木)です。お問い合わせは以下の連絡先までお願いいたします。 1.  Hotline: 028-3930-2407 2.  Email: contact@gumiviet.com 3.  Facebook: https://www.facebook.com/gumivn 以上、お客様にご安心いただくために、お知らせいたしました。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

シンチャオ!グミベトナム代表の原田です。 こちらのスタッフの間でも流行ってるiPhoneアプリ(RoadMovies)でスタッフ紹介動画をいくつか作りました。さらっとご覧いただくには、ちょうどいい感じの視聴時間だと思います。 グミベトナムの雰囲気を少しでも感じて頂ければとうれしいです。(各視聴時間27秒/Generated by RoadMovies) ●スタッフ紹介動画 グミベトナムのスタッフの紹介動画を話題のロードムービーを使って撮影しました。[youtube id=”Dzkg_6I3ZRk” width=”350″ height=”200″] ●日本語レッスン(初級クラス)の様子 社内の日本語レッスン(初級クラス)の様子を撮影しました。このクラスは日本語でのコミュニケーションの楽しさを感じてもらうことを目的としています。先生は日本からインターンで来てる外語大ベトナム語学科の学生です。日本の女子大生が講師なのでみんなのテンションも高めです(笑)[youtube id=”oWIpkLs6xaA” width=”350″ height=”200″] ●PROJECTの打ち上げ風景 比較的大きなプロジェクトが無事終了したので、会社近くのヤギのおっぱい焼きで有名な焼肉屋で打ち上げで­す。皆んながなんだか嬉しそうに食べているのは、孵化直前のうずらのゆで卵『ホビロン (hột vịt lộn)』とご存知生春巻きです。 [youtube id=”5GSbyBfhmZQ” width=”350″ height=”200″][youtube id=”09PL7f7sYJA” width=”350″ height=”200″] ベトナム人気質として真面目な人が多いのですが、当社のスタッフは真面目なだけでなく面白いキャラクター揃いです。機会があれば是非お仕事を一緒にできたらと思います。   ※関連ページはこちら→スタッフ紹介

日本企業がオフショア開発先を考えるときに、まず、中国、インド、フィリピン、ベトナムの4 カ国が選択肢になると思います。 オフショア開発では中国が先んじていたというところがあり現在でも一日の長があることは否定できません。しかし、2009年には、ベトナムがインドを抜き、オフショア開発国の第2位となっており現在も中国との差を縮めてきてます。私自身もベトナムで暮らしていると、ベトナムがかなりのスピードで追い上げてきていると日々感じています。 オフショア先にチャイナ+1とも言われている『ベトナム』を選ぶ理由を3つにまとめてみました。 今後、オフショア開発を検討する際に、効率的な結論に行き着く一助になれば幸いです。 (1)メリットの出やすい価格競争力 まず価格競争を考えたときに、オフショア開発で一般的な中国の場合にはコストが値上がりしてきているというようなことがあります。比べてみたときには、上級のSE層を雇ったところでまだ半分くらいのコストで済むのです。この差は大きく出来具合に影響してくるものなのです。同じレベルのSEを使うとしたらばいのコストがかかるということになり、工数で割っていったらさらに増えていくというような状況になるからです。 ベトナムの場合には、優秀な層がコンピューター関連の仕事についてくるというようなことも選ぶべき理由として挙げられます。上位層からの人気の職業を出すと必ずトップを争う形でそうしたコンピューターやSE関連の仕事が出てくるというようになっているのです。進学率などを考えると人数としてはまだ少ない部分がありますが、上澄みの層の人材がたくさんいるというような現状はベトナムでオフショア開発を検討してみる十分な理由となるはずです。   (2)勤勉で穏やかなベトナムの国民性 勤勉で穏やかな人柄の人が多いというようなこともあります。以前私は中国とのオフショアを少し経験したこともありますので、どうしても中国と比較をすることが常になってしまいますが、中国でのマネージメントは、対日感情などがどうなっているのかというような仕事と関係ない部分について気を払っておかなければならないという問題があります。 ベトナムの場合にはそうしたことは一切なく、日本との関係性においても良好な状態を維持し続けているため、国際的な政治問題についての考察やそれに対しての保険というような対策を取っていくことが必要ないというのは安全面だけではなく、コスト面から考えても大きな選ぶべき理由として考えていくことができるものです。 (3)英語能力の高さ 先日アジアの学生が集まるミーティングがホーチミンで開かれ私も参加してきました。 メコンデルタを中心としたアジア全域のことを考えるアクティビティを含めたミーティングだったのですが、集まった学生は参加者は私を含めた外国人が4分の1程いることを考慮して、ベトナム人同士であっても皆んな英語でのやりとり行なっていました。 ベトナムの学生の英語コミュニケーション能力の高さです。もちろん業務においても同じで、私も社内のコミュニケーションは基本的に英語です。プログラムのないのコメントは全て英語で記述されることも地味ですが、大きなポイントだと思っています。 また、今後の海外に進出する際にも、日本国内のスタッフが英語での業務を行う経験として将来にも確実に役立つことは間違いないでしょう。 まとめていくと、コストが安く、日本に対して親しみを持っている人が多い上に、勤勉な層の人たちが実際の取引をする対象となり英語でコミュニケーションができるというようなことになります。これを踏まえたうえで、中国はじめインドやフィリピンなどの現状や今後との比較をしていくとなると、あらためてメリットが目についてきているのが最近の私です。   もちろんオフショア開発において文化的な障害などが出る場合もありますし、海外での開発においての苦労などはたくさん出てきますので、問題が何もないわけではないですが、前述のオフショア開発にベトナムを選ぶべき3つの理由については取引先を検討する場面で一考に値する項目ということで書きました。 ベトナムオフショアの問題点については、あらためて後日書かせていただきます。